キャラみんstudioでVRoidキャラを躍らせるには、VRM出力→PMX変換が必要になります。
VRoidキャラをPMXに変換する手順は前回の記事を参考にしてほしいです。
【VRoid】VRoidモバイルでキャラ作ってPMXに変換してMMDで躍らせてみる【MMD】

ここではVRoid studioで作成したモデルをPMX変換してキャラみんstudioに持っていく手順を記載します。

VRoid studioで作成したモデルをVRM出力します。
キャプチャ

キャプチャ2

作成したモデルはVRoid HUBで公開しています(閲覧のみ)。


VRM2PMX ConverterでPMXに変換します。
キャプチャ6

今回はのっそり猫さんの最適化ツールを使用しました。


このツールを使用すると、必須ボーン追加などを一括して行えます。ただし、VRoid studioで作成したモデルに限ります。VRoidモバイルで作成したモデルには適用できないのでご注意ください。
※髪のテクスチャは手動で修正する必要があります。詳細は前回記事を参考にしてください。

キャラみんstudioでPMX化したモデルを読み込んで追加します。
キャプチャ3

こうしてできた動画がこちらです。
※背景動画は別撮りです。


motion (キャラみん自動生成) model AS : Tau Subaru https://hub.vroid.com/characters/2155785697347540578/models/7399769443878371671 music Bread and Butter : Ziggy https://artlist.io/jp/song/71218/bread-and-butter