pizap
ロシア・ウクライナ戦争が今年2月に勃発しましたが、いまだに終息するどころか、泥沼化の様相を呈しています。ウクライナのゼレンスキー大統領が主要な国の国会や議会で演説を行い、支援を訴えていました。日本の国会でも演説が行われましたが、ネットを使用しての演説は例がないと言って、手間取るさまは日本が如何に遅れた国かというのを露呈してしまいました。
しかし、ウクライナもロシアも世界中を舞台にプロパガンダ合戦を繰り広げていましたが、SNSを駆使したウクライナが世界中の支持を多く集めました。これはロシア側の残虐ぶりが非難されたこともあるんだけどね。
戦争ではいつだって女性や子供、老人といった何の罪もない人々が地獄を見る。戦争が如何に人々の平和な生活を奪うのか、日本人は第二次世界大戦の敗戦でわかっているはずなのに、ウクライナを応援する人々の無責任さときたら・・・。