DazキャラにMMDモーションで踊ってもらう
シリーズでお送りします。

その1 MMD4MachanimでDazキャラを動かす

(前準備)
Unityのインストール
2020.1.17f1が望ましい。これより上のバージョンだとDaz to Unityが動作しません。なお、私のUnityは日本語表示させています。
Daz to Unityインストール
Daz to UnityはDazのサイトより入手します。


Daz studioで躍らせたいキャラを作成します。
ここではVictoria8.1を使用します。

キャプチャ1

Victoria8.1はDazのサイトで購入できます。


Unityのプロジェクトを作成します。バージョンは2020.1.17f1、HDRPで作成します。
キャプチャ2

Victoria8.1をDaz to Unityで転送する前に、服や髪の毛、アクセサリがVictoria8.1本体の子要素になっているかを確認します。なっていなければ子要素に設定しましょう。
キャプチャ3

Victoria8.1を選択し、File→Send To→Daz to Unity
キャプチャ4

表情モーフも一緒に送るため、Enable Morphsにチェックを入れています。Unity Assets Folderは先ほど作成したUnityのHDRPプロジェクトのAssetsフォルダの場所を指定します。Install Unity Filesにチェックを入れます。Choose Morphsをクリックして表情モーフを選択します。
キャプチャ5

Pose Controls配下に表情モーフがありますので、使用したい表情モーフをAdd for Exportで追加していきます。ここでは表情モーフにSmile Full Face、Smile Open Full Face、Wink、Happyを追加、まばたきの動作(SALSA LipSync SuiteのEyesを使用します(後述) )に使用するためEye Blink Left、Eye Blink Rightも追加します。追加するモーフを確認したらAcceptをクリックします。
キャプチャ6

AcceptでUnityに送ります。
キャプチャ5
キャプチャ7

Unityへの送信が完了すると、こんな画面が表示されます。
キャプチャ8

事故発生!!
Victoria8.1さんが透明人間になってしまいました。どうやらマテリアルが投下の設定になってしまったのが原因のよう(何でかは不明)。マテリアルをTransparentからOpaqueに変更します。
キャプチャ9

これでOK
キャプチャ10

Rigをヒューマノイドに設定します。
キャプチャ11

あごのボーンをnoneにするのも忘れずに。忘れるとあごダラダラ状態になり、えらいことになります。
キャプチャ12

いよいよMMD4Machanimの出番です。
MMD4Machanimは以下からダウンロードできます。
http://stereoarts.jp/
ダウンロードしたMMD4Mecanim_Beta_20201105.zip(2021/04/19現在)を解凍し、MMD4Mecanim.unitypackageをUnityのプロジェクトのAssetsフォルダにドラッグ&ドロップします。
キャプチャ13

パッケージのインポート画面が出てくるので、インポートをクリックします。
キャプチャ14

こんな画面が出てきますが、IMade a Backup.Go Ahead!をクリックします。
キャプチャ15

MMD4Machanimをインポートしたら、MMDのpmxモデルをUnityに取り込みます。今回はTDAさんのTda式初音ミク・アペンドVer1.00を使用します。
取り込むとTda式初音ミク・アペンド_Ver1.00.MMD4Mecanimというファイルが自動的に作成されます。
キャプチャ16

モーションも取り込みましょう。今回はくつした(じゅん_)様の「ワールドイズマインをネルに踊らせてみた」のモーションデータを使用します。


モーションデータはあらかじめMMD側でTda式初音ミク・アペンド_Ver1.00に適用後、ワールドイズマイン_ネル_pmx.vmdの名前で保存しました。キャプチャ1x
キャプチャ1x2

Tda式初音ミク・アペンド_Ver1.00.MMD4Mecanimを選択すると、利用規約が表示されますので、利用規約を読んだうえでチェックボックスにチェックをいれ、同意するをクリックします。
キャプチャ17

VMDにモーションファイル(ワールドイズマイン_ネル_pmx.vmd)をドラッグ&ドロップして設定し、Processをクリックします。
キャプチャ18

FBXへの変換が始まります。
キャプチャ20

出来上がったTda式初音ミク・アペンド_Ver1.00.fbxのRigをヒューマノイドに設定し、適用するをクリックします。
キャプチャ19

FBXの中にアニメーションクリップができています。このアニメーションクリップをアニメーションコントローラに設定します。
キャプチャ21
キャプチャ22

アニメーションクリップの設定ですが、私の場合、ルートトランスフォーム回転を元、ルートトランスフォーム位置を足に設定しています。この辺は好みで。
キャプチャ24

Victoria8.1を選択し、Animatorのコントローラに先ほど作成したアニメーションコントローラをドラッグ&ドロップして設定します。ルートモーション適用にチェックを入れるのも忘れずに。
キャプチャ23

こうしてVictoria8.1さんを躍らせることができました。服の破れが若干あり、表情もつけていませんが、次回以降で。


motion
ワールドイズマインをネルに踊らせてみた : くつした(じゅん_)

model
Victoria8.1 : (Daz studio model)

music
【弱音ハクカバー】ワールドイズマイン【Vocaloidカバー曲】 by kens39 
(https://piapro.jp/t/FA0G)