その3 細かい修正など

動画を見てお気づきの方もいらっしゃると思いますが、ときどき足が消えたりすることがありました。キャプチャ67

これはカメラの撮影範囲外と判断され、描画されなかったのが原因でした。

この場合は、オフスクリーン時に更新にチェックを入れます。こうすることで、撮影範囲外でも描画されるようになります。

キャプチャ68

あと、服の破れをいくつか発見。
わきの下あたりと腰のところ。
キャプチャ69

手首の部分も。
キャプチャ70

Victoria8.1さんのテクスチャを修正します。

Victoria8.1さんのマテリアルはAssets→Daz3d→Victoria81→Victoria_81にあります。Legs(足)とToenails(足の爪)は非表示にしました。
キャプチャ71

修正前のBodyのテクスチャ(Victoria8_1_BodyD_1003.jpg)。GIMPで修正します。
キャプチャ72

こんな感じ。Transparent設定にするため、周囲を黒で塗りつぶしました。Victoria8_1_BodyD_1003-2.jpgの名前で保存します。
キャプチャ73

表示させる部分を白抜きしたものも別途作成します。Victoria8_1_BodyD_1003-AL.jpgの名前で保存します。

Bodyのマテリア恵右の設定を変更します。Surface TypeをTransparentにし、Receive Fog、Depth Write、Alpha Clipping、Double-Sidedにチェックを入れます。DiffuseMapにVictoria8_1_BodyD_1003-2.jpgを設定します。Diffuseの色設定でAを0にします。
キャプチャ78
キャプチャ79

Alphaを1にし、AlphaMapにVictoria8_1_BodyD_1003-AL.jpgを設定します。
キャプチャ80

腕のテクスチャ(Victoria8_1_ArmsD_1005.jpg)も同じように修正し、マテリアルを設定していきます。
キャプチャ75

キャプチャ76

キャプチャ77

腰の部分の破れは治りましたが、他のところは破れたまま透過状態に・・・。
キャプチャ81
キャプチャ82

これはジャケットのマテリアルがTransparentになっていたのが原因でした。
キャプチャ83

Opaqueに設定することで解決しました。
キャプチャ84

キャプチャ85

あと髪の毛が白っぽいので、マテリアル設定を修正。

キャプチャ86

シェーダーのDaz3d/HairをDaz3d/IrayUberSpecにし、Depth Writeのチェックを外しました。またSpecularStrengthの値を0にしています。この辺は好みで。
キャプチャ87

キャプチャ88

キャプチャ89

Daz studioの元データはメイクをしているのですが、Unityにはすっぴんで送られてきてしまいました。
↓こうなる予定だったのですが・・・。
キャプチャ90

Victoria8.1の場合、メイクはMakeup Base Colorに設定されるためDaz to Unityで送信されないのではと思いますが、実際のところわかりません。
キャプチャ91

(DazのLibraryフォルダ)\Runtime\Textures\DAZ\Characters\Genesis8\Victoria8_1配下にあるVictoria8_1_MU03D_1001.jpgをUnityに取り込んで、FaceとLipsのマテリアルのDiffuseMapを入れ替えたところ、こうなりました。厚化粧っぽいけど、いいか(他にいい方法あったら教えてください)。
キャプチャ93

結果、こうなりました。

これだけでは殺風景なので、次回は舞台や背景、その他を作っていきます。

motion
ワールドイズマインをネルに踊らせてみた : くつした(じゅん_)

model
Victoria8.1 : (Daz studio model)

music
【弱音ハクカバー】ワールドイズマイン【Vocaloidカバー曲】 by kens39 
(https://piapro.jp/t/FA0G)